中古車注文販売・オークション代行ならブライトモーターズにおまかせを!
見積もり無料 電話番号0368698556

中古車の選び方3つのポイント

第一回のコラムは「中古車の選び方」についてです!

中古車の選び方ですが、人によって購入の際に気にするポイントがあり、100人いれば100通りの気にするポイントと気にしないポイントがあると思います。

例えば、 「とりあえず安いものしか買いません。その上で、普通に走れば、走行距離やメーカー、傷の有無はあまり気にしない。」 という人がいますし、 「走行距離です。走行距離が10万kmを超えていたら、絶対に買いません」 という人もいますし、さらには 「できるだけ新しい車がいい、ナビ等のオプションが最初から付いている方が良い」 という人もいます。このように、中古車購入の際は皆さん別々の好みやポイントがあります。

では、買う際には何が大切がというと、 「あなたの外せないポイント・好みが入っているできるだけ安い中古車」です!

1.走行距離の基準は5万km

一般的に、走行距離が多い車ほど値段が安くなります。その中の基準で5万km以上を走行している車は値段が変わる1つのポイントです。

理由としては「区切り」の数字であったり車検のタイミング、消耗品の交換時期が出てくる事が考えられます。

またもう一つの基準で10万kmを超えるとまたさらに安くなります。こちらも同様の理由ですが更に、「数字が一ケタ増える事」と過去のイメージです。

日本人の方は「10万kmは車として終わっている」と、思う方が非常に多いです。過去は消耗品の交換料金と耐用年数から10万kmの基準が「流行り」でしたが、それは昭和の考えです。実際は決してそんな事はありません。メンテナンスをしていれば20・30万kmでも問題なく走ります。消耗品も適切な交換であればそんなに大きくかかりません。欲しい車が安く買えるのであれば「過走行」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

2.年式は古いほど安い

「そもそも車の年式とは?」という方もいるかもしれませんので、簡単に説明すると、初度登録年月のことで、製造された車が登録された年月のことをいいます。ある車が平成年26年12月に製造されても、平成27年に登録されれば、平成27年式となります。ちなみに、確認方法ですが、車検証の初度登録年月という項目でご確認頂けます。

さて、本題に戻りますが、基本的には年式は古いほど中古車のお値段はお安く、年式が新しいほど高くなります。理由としては性能や仕様の違いです。具体的には燃費が良くなる、安全性能が進化している、技術が進化している、内外装のデザインが新しい等があります。全面が変わっている「フルモデルチェンジ」と多少の変化である「マイナーチェンジ」がありますが、マイナーチェンジは一部の性能や仕様を変更することで、基本的な性能の変化はありません。中古車を購入する際は、前後の年式の仕様や性能を調べるといいでしょう。

3.車のグレード・装備

コチラも「そもそも車のグレードとは?」という方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。同じ車でも装備や、内装、エンジンのランクがあります。トヨタのプリウスを例に挙げますと、6つのグレードがあり、グレードが上がっていくにつれて、お値段も上がっていきます。基本的に「L」や「S“ツーリングセクション”」のようにグレードはアルファベットや数字で名前が付けられています。

さて、本題に戻りますが、グレードの違いで、排気量や燃料の違いがあり、税金や燃費にも差が出てくる場合もあります。その他は高いグレードになるほど、より快適・便利な装備がついていると認識をされると良いでしょう。購入する前に年式と共に、この点をしっかりと調べておいた方が良いでしょう。

上記の3つのポイントはあくまで安くなる基準ですので、中古車を購入する際はまず、あなたの好み(色、燃費、グレード、メーカー等)や外せないポイントをしっかり決めた上で購入した方がより良いカーライフが過ごせると思います!

弊社は提携先や業者オークションからの直接仕入れの為に多数の中から、あなたの欲しい車が簡単に手に入りますので、お気軽にご相談ください!