中古車注文販売・オークション代行ならブライトモーターズにおまかせを!
見積もり無料 電話番号0368698556

中古車の諸費用

中古車屋さんに並んでいる車にプライスボードがあります。また、ホームページにも金額が記載されていますが、これらのほとんどは、「車の本体のみの価格」です。車を購入する際には、車の本体価格以外にもその他の「諸経費」が発生します。「車の本体価格」と「購入の際に発生する諸経費」があなたの支払総額になります。

今回は、あなたがしっかりと予算内で車を購入できるように、諸費用について説明します! 中古車を購入する際は、主に2つの種類の諸経費が発生します。1つ目が「税金・保険」です。2つ目が「その他の手数料です」。「税金・保険」の方から見てみましょう。

自動車税

自動車税とは、毎年4月1日に、車の登録者(所有者もしくは使用者)に課される税金です。金額は用途や総排気量により決まり、普通車の場合最小で29,500円、最大で111,000円となり、都道府県税になります。年度の途中で購入した場合は、登録の月の翌月から年度末までの金額になります。また軽自動車の場合は一律7,200円となっていました。しかし、平成27年4月に購入した場合は10,800円と1.5倍の増税となりました。増税とはなりましたが、軽自動車の方がまだまだお財布に優しいよう思えます。

自動車取得税

自動車取得税とは、自動車を取得した際に取得者に対して発生する都道府県税になります。 自家用で使用する中古自動車の自動車取得税の計算方式は以下の方法になります。

課税標準基準額 × 残価率 = 取得価格 (1,000円未満切り捨て)

取得価格 × 3% (軽自動車の場合は2%)= 自動車取得税額

※課税標準基準額とは、税事務所で使われる「自動車取得税の課税基準額及び税額一覧表」に記載されている金額。

※残価率とは、自動車の経過年数から算出された掛け率。

ちなみに、取得金額が50万円以下の場合は課税されません。

消費税が10%にアップしたら廃止される予定です。

自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の重量に応じて課税される国税になります。

こちらは車検の時にのみ、支払う税になりますので、もし車検が残っている中古車を購入した場合には、支払う必要はありません。車検を受けてから購入する場合は支払う必要があります。

自賠責保険料(自動車損害賠償責任保険)

自賠責保険とは、強制的な保険です。車の所有者または使用者が加入する必要がある保険です。次の車検までの保険料を前払いで支払う保険です。

消費税

ご存知のように消費する時にかかる税です。オプション装備や付属品、登録手数料、代行費用、整備費用などほとんどのものに消費税8%かかります。

次にその他手数料を見てみましょう。ここでの、その他手数料はご自分でされる場合にはあまり発生しない費用です。しかし、複雑な作業もありますので、一般的には業者に任せる方が多数です。

登録費用

購入した車の名義を自分の名義にするための手続きの費用です。印紙代として国に収める法定費用も含まれます。

車庫証明費用

車庫証明費用とは、登録時に必要な車の保管場所の申請に掛かる費用です。印紙代として国に収める法定費用も含まれます。

整備費用

整備費用とは、車検などで点検整備するのに掛かる費用です。

納車費用

購入した車を自宅まで業者に運んでいただく費用です。もしご自分で取りに行かれる場合には、発生しない費用です。

下取り(廃車)費用

前の車を廃車にする場合や、販売店に名義変更する場合に請求される場合がある費用です。

以上、簡単ではありますが、中古車の購入の際にかかる諸費用の説明でした。

こんなにも多くの「自動車本体代金以外」に細かくかかってしまうのです。「税金・保険」の場合は、車屋さんの利益ではなく「納める」事なので当然値引きも出来ないですし、必ずかかる費用ですので、仕方がありません。

しかし、その他手数料に関しましては、販売店により手数料が異なりますので、注意した方が良いでしょう。自分で出来る方もいらっしゃいますが、実際には手間と時間が相当掛かります。また、手続きの作業自体が慣れていないので、書類の書き直し等をする方も少なくありません。

ブライトモーターズでは、他社よりも確実に安い手数料で登録の代行などさせて頂いております。もし、手数料が高くてお困りの場合は、気軽に相談してください。